盛んなアジアのIT事情

日本だけでなく、アジアでIT技術は急速に発展しています。特に韓国はIT技術の進歩が目覚ましいものがあります。また、インドは優秀なIT技術を多数輩出しています。
日本のIT製品はガラパゴスとも呼ばれています。特に携帯電話は独自の進化を遂げていました。日本では多機能な製品が好まれます。ですが、外国では多機能よりも必要な機能を選択できてその分値段が安くなる方が好まれたりします。日本でも必要な機能だけ選択できる製品を求めている人は多いのですが、企業はとにかく高機能な製品を作ろうとします。高機能な製品を求めている人は意外とそんなに多く無いのかもしれません。

最近の電化製品は海外製の安い製品も出回っています。一昔前までは電気屋には国産の電化製品ばかりが並んでいましたが、最近では海外製の電化製品も置かれています。そして、海外の電化製品は安いので売れています。いくら高性能な製品を作っても売れなければ意味がありません。企業はユーザーが求めている製品を把握して製品開発を行う必要があります。

アジアには日本よりIT技術が進んでいる国があります。日本も負けないようにIT技術者の育成が必要となってきます。ITはまだまだ伸びていく産業ですから、他国に後れをとってはいけません。どこの国にも負けないくらいの技術者を育成して、世界をリードできる存在になってほしいところです。日本独自だけの技術だけではなく、世界に通用するエンジニアを育て、各国のエンジニアと連携をとりながら世界を通じて発展していってほしいです。
今では、人材不足のためプログラム言語を習得していない方も企業で育成するなど、さまざまな手法で後継者を育てているようです。求人・案件が豊富なIT業界への興味がある方は、ぜひ今後の日本を支えるエンジニアとして活躍してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です